Profile

 

 

PRECIOUS STYLE
八十島 千恵  CHIE YASOSHIMA

短大卒業後、日本航空、全日本空輸で客室乗務員として22年勤務。
チームリーダーや機内アナウンスの品質教育担当として、世界にアピールする日本ブランドを体現。
一流の在り方、ブランド力を学ぶ。

二人目育児とフライトの両立の中で、自分らしい働き方を叶えるため2017年秋、退職し、
CA受験のコンサルタントとして起業。
100名近い女性たちの魅せ方を引き出し、ANAJAL客室乗務員内定へと導く。

2021年、ブランド力の向上を希望される女性起業家からの依頼を受け、
《個人の魅力『らしさ』》と《デザイン》と《お客様目線の見せ方》戦略でブランディング事業をスタート。
『インスタ世界観コンサルティング』『キャリアブランディング3ヶ月講座』は、募集前から満枠が続いている。

また、ブランドディレクション事業として、
『リュクスな旅』をテーマにしたライフスタイルブランド『PLUME RICHEプリュム リシェ』を立ち上げる
商品デザイン・開発・SNS/ECサイトでの販売運営、ブランディング戦略を担当。

2020年12月  ブランドローンチ
2021年 9月 『ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町』様『TabiMuse』&『モノクロみゅーず』様主催
          ホテルステイケーションプランに商品協賛
2021年10月 『ANA』クラウドファンディングプロジェクト達成

 

My Story

22年勤めた客室乗務員は、私が小さな頃からの夢でした。
父が全日本空輸の整備士であった影響で、幼い頃から飛行機に乗るたびに、「私も大きくなったらスチュワーデス(客室乗務員)になる」と心に決めていたものです。

1995年、日本航空の客室乗務員に合格。その後、父の整備した飛行機に乗りたいと全日本空輸へ転職。
20歳の私は、日本国内、世界中をフライトする日=幼い頃からの夢を叶えました。

3年後には、フライトの機内責任者チーフパーサー、10年後には国際線のチーフパーサーとなり空港を行き来することとなりました。機内アナウンスの教育担当やチームリーダーなども任され順風満帆な毎日でしたが、大きな転機が・・・。

第一子の誕生です。
34歳の時、長女を出産し育児休暇を経て、フルタイム勤務で職場復帰。
月の3分の1程度は宿泊を伴うフライトが入っていましたが、子育てと仕事の両立は、家族の協力によってなんとか保たれていました。

 

 

CA’s Precious Style Academyとは

PROFILE

CA’s Precious Style Academy主宰
吉 ちえり

JAL/ANAの客室乗務員として国内線・国際線に乗務。 チーフパーサーやチームコーディネーターとしてマネージメントに携わりながら、機内アナウンスの教育を担当。 通算22年滞空13600時間のフライトを経て、 2017年9月に退職。

CA’s Precious Style Academyでは 『魅せる力』でCAになり、理想の『在り方』で、CA合格の先の人生を豊かに送る方法を伝えている。 プライベートでは二人の女の子のママ。

詳しいプロフィール

PAGE TOP