CONCEPT

《選ばれる世界観スタイリング》で、
肩の力が程よく抜けた『私らしい』キャリアとライフスタイルが手に入る

自分でビジネスを始めたいと、その世界に飛び込んでみたけれど、

最初に描いた『私らしく、輝くキャリア』とは程遠い現実に、
毎日自信を失って行く日々・・・。

「こんなはずじゃなかった・・・」
「これ、本当にやりたいことだっけ?」

最初のキャリアの経験から、セカンドキャリアは『私の好き』を仕事に選んだのもつかの間、
《本当にやりたいことは何か?》の沼にはまって抜け出せなくなった・・・。

実は、これ3年前の私のことなんです。

SNS超初心者だった私は、家の近くのファミレスで、
ママ友にフェイスブックの登録を教えて頂くところからスタートしました。
(SNSとか全く見なかったんです、その当時。)

会社員生活をしながら、
初めて起業塾なるものに入り、コンサルティングを受けたものの

『私のやりたいことってこれなの?』と
自ら、負のスパイラルにぐるぐる巻きにされていました。

それでも、

『自分のやりたいこと、出来ること』で色々肩書きを変えながら、
お客様からお金をいただく経験をコツコツ積み重ねてきました。

そんな不安定なセカンドキャリア模索時代でしたが、

どのサービスをリリースしても、お客様がすぐ集まってくださり、
ここまでビジネスを続けることが出来たのです。

そこで振り返り、
一貫して『私』を選んでいただけるポイントが、共通していることに気づきます。

 

それは、世界観が整っていたこと。

インスタグラムなどのSNSや、ホームページの世界観が整っていたからなのです。

世界観とは、そのブランドのコンセプトを
見る人の感覚に伝えるものです。

「なんだか良さそう」
「素敵」
「私の希望を叶えてくれそう」などと

写真や商品、文字のフォント、色、デザイン、想い、言葉、行動、発信する人etc・・・
から感覚的に伝わるもの。

人は感情で物を買うと言われています。
だからこそ、
感覚にきちんと伝わる世界観は、ビジネスに於いてとっても大切なポイントなんです。

もちろん、

サービスや商品の中身もとっても大切です。
それがないと始まらない。

でも、

せっかくの《良いサービスや商品、あなたの自身の魅力や思い》があったとしても、
見て頂けなかったら、お客様に出会うことはないんです。

それって、とっても残念すぎる・・・。

だからこそ、伝わる世界観で、

あなたのお客様に、

「この人なら、私に素敵な未来をお届けてくれそう」って
気づいて頂けたらと思っております。

もう、ただガツガツ苦しいだけのビジネススタイルでない、

少し肩の力の抜けた、
あなたの『本当の魅力』を楽しく伝えるビジネススタイルで、

自然と選ばれる人になりませんか?

八十島 千恵

 

 

PAGE TOP