COLUMN

英語が苦手な私がCAになるためにしたこと

TOEICの勉強が辛い・・・

実は私、語学力は低いのです。
短大も国文科で、受験でなんとか勉強したものの英語は苦手。
でも幼い頃からの夢である『客室乗務員』になるためには語学力は必須です。就活当時の私は、かなり困っていました。
今でこそ、CAを目指す皆様に「TOEICのスコア700点は目指そう」なんてお伝えしていますが、自分の語学力は今も棚に上げております。

そんな私ですが、JAL・ANAのCAの選考を通過し、CAとしてフライト生活を続けることができました。
『TOEICのスコアアップ』は今やマストな条件ですが、その話は耳にタコができるほどお聞きになっている皆様。英語が苦手な方は、なかなか超えられない高い高いハードルのように感じられていることと思います。
そこで今回は、もう少し手前の話、『英語のハードルを低くする方法』をお伝えいたします。

英語を身近に感じるために

英語が苦手な方が、高いハードルを越える方法・・・。
最初にお伝えしてしまいますね。
それは【機内英語フレーズを勉強する』です。

正直、機内英語はCAになってから訓練中に学びます。丁寧な言葉で正しく伝わる英語としてしっかり訓練時間が取られていて、CAになる前からあえて身につける必要はないものかもしれません。なぜ私がオススメしたいかというと、『自分がCAになっている姿を想像しながら英語のフレーズに触れること』がリアルに夢を叶えているイメージにつながるし、英語を身近に感じることができるから。

CAが英語を使うシーンはたくさんあります。
*ブリーフィング(CA、乗員、整備士、地上スタッフ、ケータリングスタッフ)
*サービス(CA、お客様)
*降機(CA、乗員、整備士、地上スタッフ、ケータリングスタッフ)
etc・・・・。

例えば、機内食のサービス。
「お食事をお持ちいいたしました。〇〇と〇〇がございますがどちらが宜しいでしょうか?」
「今日のおすすめは旬の鮭をフランス産のバターでソテーした〇〇でございます。」
「ワインをご一緒にいかがでしょうか?」
「お食事はいかがでしょうか?お楽しみいただけてますでしょうか?」

これらの会話は、よく英語でもお話しする内容です。
今、これらの会話を丁寧な接客英語でお話しできれば大丈夫。もし、不安な方は一度調べてみてください。すぐに答えはわかります。

会話を楽しむために英語を身につける

TOEICのスコアが気になりすぎて、本来大切な『お客様と会話を楽しむ』『チームワークで仕事する』という語学力が求められている意味を忘れてしまってはいませんか?
英語が苦手な方も、CAとしてご自身がお客様と英語で会話しているシーンを想像すると、その苦手な心に、英語を頑張りたい、頑張らなきゃという気持ちに弾みがつくかもしれません。かつても私がそうだったように・・・。

TOEICスコアの勉強を始める前の習慣として、機内英会話、ぜひ楽しんでみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP