COLUMN

ANACA内定者から学ぶ合格マインドとは?

例年にも増して激戦だった2019年度ANA既卒の内定者事情。

ひとと比べることをお勧めするわけでは決してないのですが
「あなたの就活市場での立ち位置は?」
「あなたの価値を上げる努力ってどれだけ出来ている?」
という視点は、絶対持っておいたほうが良いと思います。

今回は、内定されたクライアント様の声から採用のヒントをお伝えしていきます。




あなたはいつCAになろうと決めていますか?

来年?次回?3年以内?
いやいやなれるんだろうか?なんて考えていますか?

CAアカデミーを始めてから、様々な方のお話を伺うにつれ、数年にわたる既卒受験の難しさを感じています。

年齢が上がること。モチベーションの維持・・・

だからこそ、
『次回こそは絶対CAになる・・・・必ずなれる・・・そのために私のすべきことは全てやる!』
という覚悟を決めて臨んで欲しいと思います。


今年、新卒や既卒選考で思ったような結果が出ず、苦しい思いをされている方も多いと思います。
ひとしきり落ち込まれて「さあ次回頑張ろう!!」と思う方もいらっしゃれば、中には「なんだかやる気が薄らいじゃった」っていう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ここが運命の分かれ道!!

次回の選考まであと何ヶ月あるでしょうか?
(各エアラインの状況や年度によるので今年と同じとは言えないかもしれませんが)
例年の選考スタート時期から計算するとたった数ヶ月という時期かもしれません。

悔しいって立ち止まっている暇はありません。

2019年度のANA既卒内定者から見ると、TOEICスコアは700以上は欲しい感じ。SPIもしっかり足切りがあります。
この2つしっかり対策をとって勉強していけばクリアできるものです。
(苦手な方のとっては大変なことだとは思います・・・わかります。私も苦手です)

だからこそ、試験回数を確認して、それに合わせてスコアが上がっていくスケジュールを個別にとって行くべき。
TOEICのテスト回数そんなにありません。今すぐチェックしてみてください。
あなたが受けられるものは何回ありましたか?

自己分析1つ取ってもそうです。

自己分析という自分についてよく知り、わかりやすく人に説明できること。
企業研究という自分の価値観とのマッチングポイント探し。

これらも、3ヶ月やそこらでできる人ばかりではありません。

最近は『面接は会話』なんて言われていますが、どんな質問にもポンポンとリズミカルな会話のように答えられるようになって欲しいと思います。

常日頃から様々なことに興味を持ち、様々な感覚を研ぎ澄まし様々な価値観を知って、行動しておくこと。

面接で、暗記した内容や薄っぺらい回答しかできず内定まで進むことは到底難しくなってしまいます。
会社や学校のスケジュールもあると思います。また、家族の事情や急に訪れるご自身の体調の変化など、様々なイレギュラーなこともあります。

選考発表まで、前倒しでスケジュールを立ててください。

CA内定を掴むマインド。
それは、【覚悟・プラン・行動・継続】

ぜひ、あなたも『次回は必ずCAになる!!なっている!!』というマインドで選考準備を進めてみてください。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP