COLUMN

あなたの魅力を活かすCA受験とは?

 CAの仕事本当に理解していますか?

どうしてこんな質問をするかと言うとエントリーシートを拝見して私が感じたこと。

「もしかしてCAに必要な資質が分かっていない?」

自己PRや志望理由を言葉にする時に、ご自身のこれまで頑張ってきたこと、経験いいなと思ったことをただ単に並べている方がとても多いからです。

部活でこんな賞をもらいました・・
留学で仲間ができました・・・
学校で〇〇を学びました・・・
会社で社長に褒められました・・・・・

・・・・

それって企業側にとって何が魅力なんでしょうか? 自己満足なPR内容になっていませんか?(辛口でごめんなさい)

こんな経験した私すごいでしょ?
こんな考えの私偉いでしょ?

エントリーシートは、相手(企業)が求めるものが、あなたにあることを知ってもらう書類です。

 何でも闇雲に経験や考えを知ってもらうのではないんです。

ただ、ここで注意して欲しい点が1つ。

 あなたがイメージするCAに求められるスキル・人物像が、企業側の欲しい人材とは異なることがあります。

『飾られたCAらしいあなた』ではなく、『あなたという人がCAとしてどう魅力的なのか』が大切なんです。

このニュアンスの違いお分かりになりますか?

『飾られたCAらしいあなた』というのは、CAというイメージに寄せた人物になりきっているあなたです。

CAのイメージに寄せているので多くの受験生とキャラクターが重なります。その結果、多くの中から選ばれることが難しくなります。

 『あなたという人がCAとしてどう魅力的なのか』は、あなたの素のキャラクターが基本。(素と言ってもどのように素を表現するかは考えるべきですが)

そのキャラクターをお伝えすることで人間的魅力のあるCAを面接官に想像させるのです。だからこそ選ばれる人になれます。

闇雲にアピールしても企業にとって魅力ある人と感じてもらえません。そう、相手にとって魅力的な人でないといけないんです。

そう考えると【CAに求められる資質】【あなたのキャラクター】の本当の理解が必要です。

 これは人事部が伝えていることにプラスして現場の声(現役CAや元CAから聞く声、)から分かるスキル、人物像が大切です。

  そして十分な自己分析も。

 それを本当に理解して

 賞を取ることが CAの仕事にどう役立つのか?
留学したことがCAの仕事にどう役立つのか?

賞を取ったことで
【こんなCAの仕事に役立つスキル】を【こんな考えも持った私だからこそ】
学んだ、身につけた・・・・
だから御社でこう活かす

留学したことで
【こんなCAの仕事に役立つスキル】を【こんな考えも持った私だからこそ】
学んだ、身につけた・・・・
だから御社でこう活かす

そうやってエピソードを膨らまし精度を上げていきます。

 自ずとCAの資質を自分のエピソードに置き換える作業が必要になってくることがわかります。

 きちんと相手の欲しい情報が記入されていますか?
あなたらしい内容になっているでしょうか?

もう一度ご自身の過去のES見返してみてくださいね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP