COLUMN

【エアライン企業研究】志望理由が書けるようになる1STステップ

CAになりたくても志望理由が書けない人は多い

ESエントリーシートで必ず聞かれるのに、頭を悩ませるこの質問。

『あなたが我が社の客室乗務職を志望する理由は何ですか?』

このような志望理由を問う質問は、難しいと感じる方が大変多いです。
なぜなら、実際に書いてみると誰もが書きそうな内容であったり、HPから引用したような言葉が並び、自分らしさが伝えられていないと感じるからです。

では、この質問をしっかり見てみることから始めましょう。

この質問には以下の二つの意味が含まれています。

⬜︎なぜ数あるエアラインの中で我が社なのか?
(我が社でなければならない理由は?)
⬜︎なぜ客室乗務員なのか?
(他の接客業ではダメなのか?)

それぞれの答えをきちんと踏まえて、採用担当者が納得できる理由を説明出来なければなりません。

 

その為には自己分析と企業研究、職種理解が必要ですが、今回は企業研究にフォーカスして【志望理由を書くヒント】をお伝えしていきます。

 

志望理由を書くために必要な企業研究とは?


今の時代、HPや説明会、インターンシップなど会社の情報を得る機会はたくさんあります。

志望する飛行機に乗ったことがないというのは、志望理由を書けない理由にはなりません。

 

たくさんある情報の中から、志望理由のヒントを探すのにはコツがあります。
ただ、闇雲に情報を収集していて満足している方は、『そのエアラインのファン』というだけになってしまいます。

 

では、ファンからその会社の一員になるためにあなたがすべきことは何か?

 

それは【その会社の情報から、あなたが良いと思った言葉(こと)を集めてみること】です。

「素敵だな」「いいな」「憧れる」など感じ、心に響いた言葉たちを書き出して見ましょう。
それらの言葉たちは、あなたの今まで培ってきた経験や考え方に基づいた価値観と共通しています。
だからこそ感動したり、良いと感じるのです。

次に、書き出した言葉(こと)を一つ一つ丁寧に見ていきましょう。

*なぜこの言葉(こと)が良いと感じたのか?
*自分の中に似たような考え方があるのか?
*自分の今まで経験してきた中で同じような学びを得たことがあるのか?
*それは具体的にどんなことか?
*その出来事(エピソード)をどんな風に感じたか?


この過程こそが、あなたとそのエアラインをつなぐ理由=志望理由の素
です。

企業を知るという視点も大切ですが、あなたの中にある『企業との共通点」を、ぜひあなたの具体的な経験の中から言葉にしてみてください。

そこに志望理由を書いていくヒントが眠っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP