COLUMN

【既卒CA面接対策】朝5分でやる!自分の想いを1分で伝える練習方法

働きながらCA面接対策を効率良くこなしていく為に

『働いていると自分に向き合う時間が取れない』
『エントリーシートや面接対策を十分に準備できない』
と不安に感じていませんか?

年度始めの忙しい時期に、ANAやJAL既卒CAの選考がスタートすることが多いので、エアライン就活と仕事の両立に難しさを感じているとことと思います。

今の仕事を大事にしていただくことは基本ですが、さらにCA合格という成果につながる就活準備も効果的に進めていかねければなりません。
それには、隙間時間を上手に作ることをお勧めします。『時間は無いのではなく作るもの』です。

自分の言葉で伝える1分間トレーニングがあなたに必要な訳

面接のポイントは、短時間で相手の意図を汲み取り、質問に答えること。そして、そこに自分らしさをプラスして自分の想いを伝えなければなりません。

しかも、CA面接であなたに与えられた時間はとても短く、一つの質問に対して、1分ほどにまとめて答える必要があります。さらに、自分本位の伝え方は、自己満足なだけで面接官に選んで頂くことは出来ません。

相手に合わせて、言葉を選び分かりやすく簡単に答える。
言葉遣いとは心遣いなのです。

例えば、今朝テレビで見たニュースの中で気になった話題を説明してみること。

そのニュースをみんなが知っているようであれば概要説明は少なめに、あまり知られていないのであればしっかり説明。そしてどう感じて、どうしようと思ったのか。

【簡単に話を1分にまとめる流れはこれ!!】
結論(私の気になったニュースは〇〇です)+感じたこと(なぜ興味を持ったのか)+概要説明+行動につながったことや感想

このような流れで伝えると相手にとってイメージしやすく、きちんと伝わります。

1分は本当にとても短いです。
1分間トレーニングを始めてみると、言いたいことの半分も言えないかもしれません。
しかし、実はこのスキルはCAとしてとても大切なものなのです。

それは、機内でお客様と会話を楽しむ時にも、聞き上手に徹する反面、手短で分かりやすい伝え方を心得ている必要があるからです。
面接官に伝えられる=お客様にも伝えられるということなのです。

 

実践! 毎朝5分で出来るCA流伝え方レッスン5ステップ

では早速今日から始めてみましょう!!

ここで大切なことは朝の支度の流れを止めない程度にしておくこと。
続かなければ、伝える力は身につきません。無理ない範囲から徐々にトライしていきましょう!!

****************************

朝、テレビや新聞でニュースをチェック
朝食を食べながらでも、歯磨きしながらでも大丈夫。『ながら習慣』で構いません。

流れてきたトピックスの中で気になるものを1つ選ぶ
アイドルのエンタメニュースでも動物ネタでも◯
最初は話しやすいトピックから選ぶとまとめやすいです。

『ながら習慣』で口に出して1分で説明してみる。その際、必ず録音しておくこと。
まずはアウトプットしてみることが大切です。」最初からきちんと伝えようと思わなくても良いのです。
10点しか出来ないと思っでも是非やってみてください。
その際、録音を忘れずに。家を出るまでは忙しいので、出来ればいくつかのトピックスを説明してみて。

通勤時間に録音したものを聞く
聞いてどう感じるか、どのように話したらもっと分かりやすいか。自分の共感ポイントがきちんと伝わっているかなど
確認してみましょう。その際、何気ない話し方の癖も見つけてみてください。意外と癖が見つかるものです。

もう一度1分で話す
これは、同じトピックでも良いですし、他のものでも構いません。昼休みや帰りの電車の中で、もう一度考えてみてください。より多く練習することで上達していきます。

****************************

就職面接では、短い時間であなたを印象付けなければなりません。

その為には、普段から様々なことに興味を持って起き、自分の意見を持っておくことが役立ちます。
難しく考えることなく、今のあなたが感じたこと視点を大切にすること。

世界のニュースから身近なペットの話題まで幅広いジャンルから物事も見れるようにしておくと良いと思います。
時事ニュースは難しく感じてしまうかもしれません。しかし、CA面接ではあなたの人となりを知りたいと思っています。時事ニュースでもあなたなりに感じたことをお話できたらそれで良いのです。

まずは今日から5分間、あなたの感じたことを言葉にする習慣を始めてみてください。

✈︎こちらのコラムもお勧めです。
習慣についてお伝えしています。
合わせてお読みください。
【あなたにも出来る CAに合格する人の小さな習慣】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP