COLUMN

海外ステイでのリラックス法

海外ステイでの休み方

長いフライトを終えて、ホテルの部屋に入ってすぐベッドに倒れこむってこともあるCAの仕事。
機内で休息時間があるとはいえ、ほとんど気の休まらない緊張状態です。
完全に解放される時間・・・私のリラックス法をご紹介します。

時間に関する思い込みをなくす
「明るいから寝られない」とか「時差ボケを直すために現地時間で過ごさなきゃいけない」など思い込みは無くして、体の感覚に従って素直に寝てしまうのもありです。
「こうしなければ・・・」に囚われているとそれがストレスになり、結局もっと疲れてしまいます。

♢カーテンは開けっ放しで
ホテルの部屋は遮光カーテンのことも多く、部屋を真っ暗にして寝る方もいます。
ですが、ただでさえ時差ボケの体に太陽の光を遮ってしまうと昼夜の感覚がさらに狂ってしまいます。朝日をきちんと感じるために遮光カーテンは開けっ放しで眠りにつくこと。朝の光から感覚的に1日の始まりを体に感じさせることが大切です。

♢時差ボケに逆らわない
深夜に起きてしまっても無理に寝ようとしない。諦めてお茶でも飲んだり、明日のワクワク予定を考えて時間を過ごします。途中で眠れそうなら少しでも休んで体力を保つようにします。

♢どこでも睡眠技
CAはこれが結構得意な人多いです。機内でも少しの仮眠で過ごすことも多いので得意になります。

♢体を少しでも癒す
バスタブにお湯をためてフットバスをしたり、HOTアイマスク ・マッサージ・ストレッチ・エステ・ホテル内のプールに泳ぎに行ったり、オーガニックドリンクを楽しんだり。好きな本や映画をタブレットでゆっくり見ることもあります。
みなさんリラックスタイムを取ることがとても上手です。

 

CAおすすめのリラックスアイテム

コンパクトにまとめたスーツケースの中にはたくさんのリラックスアイテムが入っています。

その一部をご紹介いたします。

*ホットアイマスク・・・暗く乾燥している機内で疲れた目に。
*マッサージ棒やマッサージボール・・・足の裏が疲れているのでコロコロ転がすとかなり効きます。
*フェイスマスク・・・マスクしている心の余裕がリラックスできます。
*アロマオイル・・・枕にスプレーしたり、部屋をお気に入りの香りで自分空間に。
*香りの良いボディクリーム・・・海外のクリームは香りが良いものが多いので購入して使います。
*入浴剤・・・バスタブに入ることはなかなかないですが、足湯の際に使うとGOOD。
*湯たんぽ・・・海外のホテルは冷房が効きすぎているので、これがあるだけで心も温まります。
*ハーブティー・・・体の中から癒します。
*日本から持ってきたおやつ・・・やはり食べ慣れた日本の味はホッとします。
*むくみ防止のソックス・・・かなりむくんでしまうので、この締まり具合が心地よく感じます。
*かわいい部屋着・・・気分が上がるアイテム
*ガイドブック・・・どこに行こうか、何食べようかと眺めるだけでも楽しい時間です。

滞在時間をどのように過ごすかで帰りの便での体力、心持ちが変わってきます。
ぜひ上手にリラックスしてみてください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP